事業紹介魅力あるインフラマネジメント市場の創造(官民連携の推進)

インフラ維持管理の時代といわれて久しいですが、現場の実態に目を向けると、維持管理業務は民間企業にとって必ずしも魅力ある業務といえるものではありません。維持管理に携わる民間企業の疲弊がこのまま続くと、災害等いざという時の担い手を確保できなくなる恐れがあります。
一方、維持管理に投入できる財源や職員が不足する状況下においては、維持管理コストの縮減と安全で安心なサービス提供の持続性確保を共に達成しなければならないという難題に立ち向かっていくことが求められます。
こうした状況を打開するために、官民連携を推進して、包括的民間委託、コンセッション方式などを導入することで、民間企業の活力(資金、人材、アイデア)をフルに活用するとともに、民間企業の参加意欲が高まるような、魅力的なインフラマネジメント市場を創造していくことが望まれます。

包括的な民間委託に関する取り組み

弊社は、青森県みちのく有料道路における包括的民間委託の導入検討をはじめとして具体的な導入支援に携わってきたほか、インフラマネジメントにおける官民連携手法の調査業務(国土政策総合研究所)などの実績を有しています。また、足立区と「道路公園事業における官民連携に関する共同研究」を行いました。
現在、日本プロジェクト産業協会(JAPIC)による地域経営委員会に参画し、民間活力を利用した公共資産の新しい活用・運営手法と、その制度設計、検証方法を検討しています。

包括的な民間委託の導入検討におけるポイント

財源や職員が限られる中においても、持続可能なインフラマネジメントを実現していくために、民間の技術力・マネジメント能力・資金等を活用した調達の仕組みを提案します。

  • 契約期間の長期化
  • 複数業務(分野・工種・エリア)の一括化
  • 性能規定・要求性能、モニタリング手法、リスク分担
  • 民間資金・ノウハウの活用

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。