ここから本文になります。

サステナビリティアクション

ステークホルダー

品質向上(品質管理)

弊社では品質を向上し、顧客満足を高めるために、業務担当者による思い込みミスを防ぐための第三者チェックや日常的な品質管理や進捗管理の実施、業務における内部監査の実施等を行っております。

共創(パートナーシップ取引契約)

弊社の品質向上のためには、取引先との協力関係の維持継続、関係強化が重要です。そこで取引先との良好な関係の強化に向けて「パートナーシップ取引契約制度」を進めています。

従業員

D&I(Diversity & Inclusion)経営

D&Iロゴマークは、従業員を木に例え、多様な樹木が成長し、森を創造する様子をデザインしました。

弊社は、一人ひとりのちがい(年齢・性別・ライフスタイル・国籍・職歴・信仰・役割・価値観・発想等)を尊重し、その多様性(ダイバーシティ)を強みとして、価値提供に活かすインクルージョン(包摂・統合)までを含めた“D&I経営”を推進してきました。
“D&I経営”は、弊社の「長期ビジョン2030」の2つの柱のうちの1つです。そのため「長期ビジョン2030」で定める “社会サービスの変革をプロデュースし、未来を創造する企業となる” の実現に向けて、2015年10月に「D&I推進方針」を定め、実行してまいりました。

「D&I推進方針」では「D&I 2020年ビジョン」を定め、その実現に向けて目標や主な施策、成果指標、目標値を設定し、着実に取組みを進めています。「D&I推進方針」策定の際には、「石垣は、多様な石で組むから強い」という土木技術に携わる弊社ならではの言葉も生まれました。

D&Iと連動した人材育成・働き方改革

代表取締役専務 大本 修

D&I経営を進める過程を、石垣を創りあげていくことに例えると、先ずは石を見て切り出し、その石の特性を活かしながら、形を整える作業が必要です。次に、多様な石を組み合わせ、強固な石垣(会社・組織)をつくります。

弊社では、多様な人材を確保し、それぞれが個性を活かしながら「人としての力」を持ち合わせた「プロフェッショナル」として成長・活躍し、自律的に企業目標の達成に寄与しつつ、個人のキャリアデザインを実現できるよう、人材育成プログラムの見直しや人事制度の改定を進めています。
多様な人材が互いを認め、切磋琢磨しながら組織として最大限の力を発揮するためには、組織内で絶えず対話をし、チャレンジを続けながら、組織の価値観と個人の価値観を結びつけていくことが大切になります。そのための仕掛けとして、弊社では2年間に亘り、各事業本部、本支社でD&I推進ワーキンググループ活動を進めました。また、若手社員を対象にしたコーチングや中堅社員を対象にしたメンタリング等も実施しています。

さらに「自分らしく、活き活きと働ける職場づくり」をテーマとして、様々な取り組みを進めています。
具体的には、テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク)や育児・介護者を対象としたフレックスタイム、ボランティア休職や時間休暇制度といった柔軟な働き方の推進、業務の効率化やITの活用、フリーアドレスの導入といった業務・職場の環境改善などです。これにより、生まれた時間を自己成長のために利用する等、働き方改革と人材育成によるスパイラルアップを目指しています。

ワークライフバランスの推進(ファミリーデーの開催)

私たちが毎日気持ちよく仕事ができるのは、ご家族の支えがあってこそ。
日頃の感謝の気持ちをこめて、ご家族をオフィスに招待し、仕事の内容をご紹介しています。
仕事のときの顔とはちょっと違う一面を発見することも。職場のコミュニケーションの活性化に一役かっています。

ワークライフバランスの推進(クラブ活動)

弊社は、従業員の相互の親睦と素養を高め、心身の向上を図ることを目的として、クラブ活動に対し会社補助を行っています。野球、サッカー、マラソン、サイクリング等、合計23のクラブが活動しています。

健康経営(コミュニケーションイベント)

弊社ではお花見やBBQなど、事業所毎に衛生委員会主催のコミュニケーションイベント(参加自由)を開催しています。従業員は毎年家族連れで多数参加し、親睦を深めています。

社会

環境保全(水源エコプロジェクト(W-eco・p(ウィコップ))への参加)

ウィコップ協定に基づき、横浜市水道局が山梨県道志村に所有する水源林のうち、6haの整備費用を支援するプロジェクトに参加。自然と共生しながら生活を豊かにすることはパシフィックコンサルタンツのミッションです。

環境保全(パシフィックコンサルタンツ長沼ダムのネーミングライツ)

宮城県登米市にある長沼ダムの業務に40年以上関わってきた経緯から、パシフィックコンサルタンツはダムのネーミングライツを取得。ダムは現在、「パシフィックコンサルタンツ長沼ダム」の愛称で親しまれています。

環境保全(国際開発ユースフォーラム(IDYF)への協賛)

IDYFは、途上国と先進国の若者が国際開発をテーマに互いの知見を交換し、それを自国に還元するプラットフォーム創りを目標に創設されました。パシフィックコンサルタンツの事業活動とこうした人材育成への支援が、未来の世界を創る一歩に繋がることを願っています。

地域社会(神田錦町まちづくり)

弊社では、首都圏オフィスのある神田錦町三丁目町内会やまちづくりイベントへの参加を通して、事業活動そのものである魅力あるまちづくりの実現に向けた活動に対する支援を行っています。

次世代育成(茨城ロボッツ)

弊社は、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」所属、「サイバーダイン茨城ロボッツ」2019-2020シーズンのプレイヤーズパススポンサーとなりました。
プレイヤーズパススポンサーとは、茨城県バスケットボール協会に登録している小・中学生が、パスの提示により、2019-2020シーズンのロボッツホームゲーム(ただし、プレーオフを除く)を無料で観戦できるものです。
人格を形成する多感な時期に、バスケットボールを通じて茨城の誇りであるプロスポーツチームに接することによって、ロボッツの成長や情熱を肌で感じ、自らの成長に繋げてくれるものと期待しています。

左から、株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント 代表取締役社長 山谷拓志氏
弊社 常務取締役 菅原正道
一般社団法人茨城県バスケットボール協会 会長 薄井宏美氏
茨城ロボッツ キャプテン 眞庭城聖氏

次世代育成(リコチャレ)

弊社は、日本大学理工学部(駿河台校舎)で開催されるイベント、夏のリコチャレに毎年出展しております。本イベントは、建設産業界の技術が、私たちの生活のさまざまな場面で貢献していることを中学生や高校生、大学生に気づいてもらうことを目的に開催しています。参加する企業や団体が、今まで築き上げてきた技術や取り組みを紹介し、学生が技術に触れることで、理工系の仕事の面白さを知り、興味を持ち、将来は理工系に進んでもらうことも期待しています。

社会課題の解決(JAMMIN)

弊社はNPO/NGO支援を主目的としたチャリティーブランド、JAMMIN合同会社を通じて、社会貢献活動を行うNGO団体を継続的に支援しています。
SNSでJAMMINのページをシェアするだけで、当社から10円が今週のチャリティ先の団体へ送られるシェア・ツイート・チャリティを行っています。