事業紹介ダムの水中点検

ダムの水中点検
  • ダムの上流面は、漏水箇所やゲート呑口など、高水深での水中点検が必要な箇所がある。
  • ダムの水中部は、「UAV+水中治具」の開発で、潜水士を使わず機械のみで水深50mまでデジタル画像の撮影ができ、変状や損傷を把握することが可能である。
  • 水上と水中部を一体で3次元計測できるため、それぞれの変状の範囲や広がりを把握することができる。
  • 着水可能なフロート付きUAVと屈折率が異なる画像の3次元化解析ソフトの開発により、屈折率と濁水の問題を克服。
  • ダム全体の中での水中部の損傷箇所の3次元情報や位置情報が判り、マウス操作により任意の視点で損傷部をズームし損傷状況を詳しく確認できる。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。