ここから本文になります。

新型コロナウイルス感染症対応 緊急事態宣言解除後の対応について

ニュース

2020年05月29日

 弊社では、5月25日の政府による緊急事態宣言の全面解除を受け、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮しつつ、パシフィックコンサルタンツとしての新しいワークスタイル(以下、パシコンワークスタイル)を速やかに確立し実施してまいります。
 パシコンワークスタイルとは、常時30%~50%のテレワークの実施に加え、サテライトオフィスも含めたオフィスの在り方を早急に検討し、柔軟で多様性に富んだ生産性の高い働き方を目指すものです。

 弊社では、2010年より働き方改革に取り組み、生産性の向上や多様な働き方への対応を進め、在宅勤務や時差出勤の制度を導入してまいりました。今回の事態を受けて、改めて従業員の安全を確保しながら、どのような環境下においても業務の円滑な遂行および成果の品質確保が可能となるよう、パシコンワークスタイルを早期に確立し実施してまいります。

 また、感染症拡大の防止に向けて、弊社では引き続き次の施策についても実施してまいります。
 ・通勤時間帯の混雑を避けるため、拡大時差出勤を行います。
 ・社内外でオンラインの打合せを積極的に活用します。やむを得ず、直接対面で打合せを行う際には、マスクの着用と換気を行い感染予防
  に努めます。
 ・オフィスではマスク着用を原則とし、オフィス内が密とならないよう、常時オフィスの扉を解放する等、必要な対策を講じます。
 ・体調不良の従業員は速やかに上長などに申し出ることとし、会社として体調不良者を把握します。


 関係各位にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願いします。