ここから本文になります。

第1回廃炉創造ロボコンに協賛しました

ニュース

2016年12月09日

 弊社は、2016年12月3日に福島県楢葉町の日本原子力研究開発機構楢葉遠隔技術開発センターにて開催された「第1回廃炉創造ロボコン」に協賛しました。

 この競技会は文部科学省と全国の高専などで組織する廃止措置人材育成高専等連携協議会が主催し、東京電力福島第一原発の廃炉を担う未来の人材育成を目的に開催されたものです。弊社は、震災復興に業務として関わるだけでなく、未来の人材育成支援にも貢献したいとの思いから協賛を行いました。

 競技会には、全国の13の高専から計15チームが参加し、高さ3.8mの2階へ荷物を運ぶ「モックアップ階段」と凹凸のある床を調べる「ステップフィールド」の2つのフィールドのいずれかを選び、各チームが製作したロボットが課題に取組みました。

 審査員による最優秀賞、優秀賞、アイディア賞、特別賞と共に、協賛企業5社がそれぞれ賞を設け、弊社は困難な状況の中でも失敗を恐れることなく果敢に挑戦した点を評価し、北九州高専「get the situation~できるんばい~」に「パシフィックコンサルタンツ株式会社賞」を授与しました。

なお、「廃炉創造ロボコン」についての詳しい説明は、NHKの解説ページをご参照下さい。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/258553.html