事業紹介画期的な調査方法-「環境DNA」

画期的な調査方法-「環境DNA」

水を汲んで調べるだけで、希少種の生息の有無がわかる-画期的な調査方法の実用化に、弊社は取り組んでいます。
自然界の土壌や水中には、多くの生物の皮膚、死骸、糞尿、粘液などが存在し、それらに由来するDNAが含まれています。これらの自然界の環境中に存在するDNAのことを「環境DNA」と言います。
これまでの捕獲用具を使う調査は、調査員の能力に依存し、時として個体や生息環境にダメージを与えることもありました。環境DNAを使えば、例えば水域の生物は水を採水するだけで、調査は終了です。環境DNAは、調査の効率化、精度向上だけでなく、環境保全も図ることのできる次世代調査技術です。
弊社は、様々な事業で環境DNAを活用した調査を展開しています。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。