WORKS仕事内容

未来を俯瞰する目を持ち、
あらゆる課題に挑む

パシフィックコンサルタンツは、専門技術と専門知識を有する技術者集団。道路、鉄道、河川、港湾、空港、その他、国土を形成する様々なインフラストラクチャーに関わる企画・立案、調査、計画、設計、施工管理、維持・管理等を担います。
今そこにある課題の解決に際し、未来を俯瞰し、持続可能な環境・社会づくりを見据えたソリューションの提供をします。ミッションは、日本の、そして、世界の未来を創り上げることです。

行政など 発注 契約 建設会社 施工 調整 建築コンサルタント 調査・設計

事業分野一覧

01交通基盤分野

「使えて当たり前」。でも、実はとても重要な社会インフラである道路や橋、トンネル。交通基盤分野では、そういった社会インフラの計画や設計、維持管理まで、全体のデザインを手がけます。

02国土保全分野

河川の流域全体をマネジメントしたり、港湾や海岸の調査、計画、設計・解析などを行ったりしながら、「安心して暮らせる国土づくり」を実現していきます。

03機械・電気分野

道路やトンネル、橋梁、鉄道、河川・港湾、ダムなどに付随する、さまざまな機械、電気設備の計画、設計を行います。

04防災分野

洪水や土砂災害、地震や津波、火山噴火といった、さまざまな自然災害に対し、事前の準備から災害発生時の対応、緊急復旧、復興に至るまで、「被害最小化」に向けた取り組みを行います。

05公共経営分野

時代の先を見据えながら公共の課題を発見し、常に最適な解決策を提案し続ける、公共経営のプロフェッショナル集団です。PFI・PPPプロジェクトの推進についても、企画段階からトータルに支援します。

06情報システム分野

老朽化が進む社会インフラの維持管理や、安心安全で住みやすい地域づくりなど、社会が抱えるさまざまな問題・課題を、ICTを活用して解決していくのが、情報システム分野の仕事です。

07都市・地域開発分野

都市空間や地域の魅力・価値の最大化するため、様々な地域資源や住民・活動団体・民間企業等の潜在的な力を引き出すような「価値創造戦略」を組み立て、実践を支援します。

08建築分野

都市や地域の様々な課題に対し、「建築」という視点から多角的なアプローチを行います。携わるプロジェクトは広範囲に渡り、中でも地域のコミュニティセンターや駅施設など人々が集まる空間の設計を得意としています。

09環境・エネルギー分野

生活環境の汚染や資源の大量消費・枯渇、気候変動などの課題を解決するために、再生可能エネルギーの利活用などを通じた、「低炭素・循環型・自然共生社会」の構築を目指し、地球環境の改善に貢献します。

10地盤技術分野

日本列島は、自身・豪雨災害が多発する一方、美しい景観や地下水、地熱など、ジオ資源に満ちています。地盤技術分野では、地番災害から地域住民の生活を守り、豊かな環境を保全・活用するための技術支援を行います。

11国際事業分野

国際事業分野は、ODA(政府開発援助)だけでなく、インフラ輸出を担う日本企業や、日本のインフラ技術を求める相手国のニーズに応えるエンジニアリング・サービスを展開しています。

12営業分野

全国約50拠点に本支社と事務所を展開し、市場分析・顧客管理・業務提案・契約手続き・アフターフォローなど、パシフィックコンサルタンツの事業活動全般を担っています。

13経営管理分野

パシフィックコンサルタンツの経営理念である「プロフェッショナルコンサルタントとしての資質を磨き上げ、先進的な統合ソリューションサービスにより、新しい価値を社会に提供し続ける。」ことを実現するため、専門的知識を活かし、戦略的に会社経営をサポートしています。

14事業開発分野

長年培ってきた地域づくりの経験と知恵を活かし、自ら「事業主体」として事業に参画し、地域と共に、新しい価値を創造する事業を展開します。

15研究開発分野

「つくば技術研究センター」を拠点として、フィールドを活用した実証的研究を行い、河川・砂防・港湾・地盤・構造などの専門技術を日々深めています。