パシフィックコンサルタンツ株式会社
パシフィックコンサルタンツ株式会社 つくば技術研究センター
HOME > 実験の意義 > 実験の流れ 発表論文
Menu
実験場の概要
実験施設
業務実績・内容
実験の意義
最新情報
問い合わせ
交通アクセス
リンク
サイトマップ
環境調査室
実験の流れ

水理模型実験を実施するに当たっては、その目的とする検討項目に対して必要な現地資料の収集と解析、水理計算、境界条件の検討、現地状況の調査なでが需要です。これらにより、水理模型実験の全体計画が作成され、模型製作、検証実験による相似性の検討、本実験での測定、さらに測定資料の解析を行い、必要があれば模型の改造を行って実験を繰り返します。


前のページに戻る。

Copyright 2004-2014 TSUKUBA RESEARCH CENTER All Rights Reserved.