事業紹介サービスプロバイダー事業

地域とともに 新たな価値の創造を

地域活性化拠点事業

地域に愛され、地域と共に発展する施設の運営

道の駅などの地域活性化拠点の運営を通じて、地域のニーズや課題を身近にとらえる中で、建設コンサルタントの幅広い知見・技術を活かしつつ、自らもプレイヤーの一員となって新事業の創出に積極的に取り組みます。
現在運営中の施設では、スポーツツーリズム事業やウエルネス(健康増進)事業の実践、エネルギー事業、新モビリティ事業の構想などを重ね合わせ、地域企業の一員として地域の発展に携わっています。

パークマネジメント事業

新たな公園のあり方をプロデュース・より多くの価値を利用者へ提供

都市公園は、Park-PFI制度などPPP事業を活用した新たな運営のステージに入りつつあります。一方で、都市の緑とオープンスペースや地域の貴重な憩いの場の確保という役割を維持しつつ、民間ビジネスと共存していくためには、これまで以上に専門的な都市公園の制度等の知見、技術、維持管理の実践が要求されると考えます。
当社では、これまで建設コンサルタントとして培ったランドスケープ・公園・建築等設計や、PPPアドバイザリーの技術を活かしながら、公民連携事業における事業マネジメントおよびプレイヤーとして、時代にあった新たなパークマネジメント事業の開発・実施を進めています。

エネルギー事業

自治体新電力(PPS)小売事業など地域活性化に寄与するエネルギー事業を展開

地域の維持・発展のためには、今ある地域インフラやサービスを維持管理・運営する「地域マネジメント事業」と新しい産業を創出する「地域振興事業」を、地域の実情やニーズに合わせて適切に実施していく必要があります。
そこで求められるのが、地域内の発電電力を最大限に活用し、地域にある公共施設や民間企業、家庭に電力を供給する小売電気事業(地域新電力)。その中でも、特に自治体が出資する「自治体新電力」は、官民が協力して出資・設立する会社のため、民間のノウハウや経営感覚を地域の公的サービスに活用することができます。
当社は、エネルギーの視点から地域活性化やまちづくりを展開し、地域の発展に貢献します。

コンセッション事業

民間の提案力を活かし、施設の魅力と価値の向上を実現

コンセッション方式とは、空港・道路・上下水道など、利用料金の徴収を行う公共施設について、施設の所有権を公共主体が有したまま、民間事業者が施設の運営を行うスキームです。公共が所有する公共施設等について、民間事業者による安定的で自由度の高い運営を可能とすることによって、利用者のニーズを反映した質の高いサービスを提供することが可能となります。当社ではこれまで培ってきた公共事業に関する実績やノウハウをもとに、施設の魅力を最大限に引き出し、価値を生み出すご提案を致します。

サービスプロバイダー事業の業務内容

地域活性化拠点事業

地域の課題解決や価値向上を目指した地域エネルギーマネジメント、インフラ管理などに関する事業

パークマネジメント事業

地域コミュニティの拠点としての公園の運営事業

エネルギー事業

道の駅や地域活性化施設の運営事業

コンセッション事業

空港等のインフラ特定運営事業