事業紹介次世代型NPMと公共資産マネジメント

弊社は、自治体の経営改革全体と連携した公共資産マネジメントの推進を提案しており、先日、上記の、特定非営利活動法人 NPM推進ネットワーク 第8回定期フォーラムにおいてプレゼンテーションを行いました。弊社のほかに、神奈川県秦野市における取組みの報告、公共資産マネジメントにおける公会計の役割など興味深い講演が行われました。公共施設マネジメントに対する関心の高さを反映して、首都圏の市 自治体職員の方を中心に、遠くは愛知県や新潟県内からも、総勢80名を越える参加者が集まり、会場は満席となりました。

次世代型NPMと公共資産マネジメント

基調講演:「ポストモダン型公共サービスのデザイン」

(NPM推進ネットワーク代表(関東学院大学教授) 大住莊四郎氏)

次世代型NPMとは何か、新しい公共サービスの価値をどのように生み出し、デザインすればよいのか

  • 価値観が多様化した時代に対応していくため、公共サービスを提供する仕組みに関し、目標をトップダウンで設定し成果主義により管理する「モダニズム型」から、サイレントマジョリティの多様なニーズを把握し、多様なステイクホルダーの参加・協働により主体性・創造性に基づく行動を引き出す「ポストモダン型」に転換する必要性について講演されました。
  • 特にこれからの公共サービス設計では、これまで強調されてきた「顧客としての住民」と「市場メカニズムの活用」だけではなく、「ステイクホルダーとしての住民」と「協働型システムの活用」の視点も考慮することが重要とのことでした。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。