事業紹介東京国際D滑走路建設プロジェクト

東京国際D滑走路建設プロジェクト
プロジェクト期間 平成14年度~平成21年度
発注者名 国土交通省関東地方整備局

東京国際空港(羽田空港)のD滑走路建設プロジェクトである。D滑走路は2500mの滑走路を新設するプロジェクトであり、埋立部・桟橋部・接続部で構成されており、その接続部も含めて設計業務を行った。

埋立部は、水深がAP.-12m~AP.-20mの既設空港護岸の沖合いに、最高AP.17mの高さの滑走路が構築されている。供用開始30年後においても所要の地盤高さを確保できるように、上げ越し量が設定されている。桟橋部は、多摩川の河積阻害率を満足するように杭間隔を31.5mとしたジャケット構造が採用されている。 埋立・桟橋接続部は、海底面AP.-19mから滑走路高さ約AP.14mまでの33mの偏土圧を受ける護岸を鋼管矢板井筒基礎構造とした、D滑走路における最重要構造物である。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。

関連するサービス