事業紹介京都市東西線

京都市東西線
プロジェクト期間 1985年~1997年
竣工日 1997/10/12開通、2008/1/16最終延伸
発注者名 京都市

地下鉄東西線は、京都市東部山科方面から都心部を経て、西部洛西方面とを結ぶ全17駅、総延長17.5kmの地下鉄であり、京阪電鉄の乗り入れも行うことで路線沿線だけでなく、広域的な輸送体系の向上にも寄与しています。弊社では、東西線の路線計画段階から設備計画業務に着手し、その後も全駅の基本設計、詳細設計、工事監理業務を行いました(工事監理については、御陵~三条京阪の4駅除く)。また、延伸部の設計、施工管理についても従事するなど、路線の機械電気設備の計画設計は全て弊社で対応しています。

17駅全ての機械、電気設備、ホームドア設備の計画、設計、工事監理までの全てを担っており、京都市の弊社、当分野への信頼の高さを物語っています。現在も、烏丸線におけるホームドア設置工事の監理業務を行っており、東西線で培ったノウハウや、東西線の業務で得られた信頼は現在にも引き継がれています。このプロジェクトは、お客様の信頼を継続しつつ、次の新たな業務展開に繋げた弊社の良き伝統を受け継いだ業務だと考えています。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。