事業紹介鉄道防災計画、鉄道附帯施設計画設計

鉄道防災計画、鉄道附帯施設計画設計

地下鉄道では、国土交通省の「地下鉄道の火災対策の基準」や、消防法に準じた防災施設の整備が要求されます。特に列車火災、駅舎火災を想定した避難施設、防災施設は、地下駅や地下空間換気所の構造に与える影響が大きいため、新規路線や新駅の計画では、その初期段階から計画に参画し、土木躯体、地上施設形態について提案を行います。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。