事業紹介新工法(SENS工法)による合理的な設計の提案

新工法(SENS工法)による合理的な設計の提案

SENS工法とはシールド工法、NATM工法、ECL工法の長所を合わせもつ、安全かつ合理的、経済的なトンネル工法を目指したものであり、密閉型シールドにより切羽安定を図り(S)、掘進と平行してマシン後方でコンクリートを打設(E)、覆工を支保材と位置付けて地山を保持し(N)、トンネルを構築するシステム(S)です。東北新幹線三本木原トンネルで初めて採用された新工法であり、これまで(H27年時点)に4トンネルほどの設計実績しかなく、その内2件は弊社設計実績(「相鉄・JR直通線、西谷トンネル」「相鉄・東急直通線、羽沢トンネル」)となっています。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。