事業紹介空港の安全・安心の向上(耐震対策・BCP・RESA)

空港の安全・安心の向上(耐震対策・BCP・RESA)

「空港の耐震対策」の提案

空港の耐震対策は万全ですか?
地震災害時に、緊急輸送拠点として重要な役割を担う空港施設の耐震対策が必要です。
パシフィックコンサルタンツの提案
地震時に確保する空港施設の設定や耐震照査用地震動の作成から対策の検討まで、空港の耐震対策に係るソフト・ハード両面をトータルでサポートします。
「空港の耐震対策」の提案

「空港BCP策定」の提案

空港の業務継続計画(BCP)の策定が求められています!
空港は災害時の緊急輸送拠点として重要な役割を担うとともに、背後圏の経済活動を支える重要な交通基盤です。大規模地震災害等が発生した場合においても、社会経済への悪影響を最小限に止めるため、極力早期に機能レベルを引き上げるためのBCPが求められます。
パシフィックコンサルタンツの提案
BCPの策定では、空港自体も物的・人的被害を受けることを前提とし、救急・救命活動、緊急物資輸送の受け入れなど、被災下にあっても空港が果たすべき役割や確保すべき機能に対応するために継続が必要な業務を選定し、選定した業務の遂行に必要な体制の確保、執務環境(施設、設備及び機器)、行動計画等を検討します。

行動計画のイメージ

(行動計画のイメージ)

「空港の安全対策(RESA対策)」の提案(滑走路端安全区域の性能確保のための対策)

空港における安全対策(RESA対策)が求められています!
空港における安全対策の一環として滑走路端安全区域(RESA:Runway end safety areas)の国際標準化が求められています。
パシフィックコンサルタンツの提案
  • 被害程度の把握や事故発生につながる要因の有無など、RESAに関する現状評価を行います。
  • RESA用地の拡張検討やアレスティングシステム※の設置検討など、RESAの性能を満足するための対策案を提案します。
  • オーバーランした航空機を拘束(減速)するためにRESA内に設置する施設
RESAに関する現状の評価
  • 事故発生時の被害程度の把握
    • オーバーラン事故における航空機や既存物件への影響把握
  • 事故の発生につながる要因の有無
    • 滑走路長の余裕度の確認
    • 特異な気象状況や進入復行の発生状況の確認
    • 滑走路の摩擦抵抗の確認、など

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。