事業紹介インフラ維持管理システムの企画・開発・運用

インフラの健全度、劣化予測、補修優先度評価、点検計画、予算計画等を支援するシステムを開発、運用します!

インフラ維持管理システムの企画・開発・運用

わが国では、高度成長期に整備されたインフラの老朽化が急速に進展していく中、施設の状態、周辺環境、予算規模等を総合的に考慮し、戦略的な維持管理を進めていくことが重要です。
弊社では施設諸元、点検結果、補修履歴等をデータベースに保管し、劣化予測、優先度評価、LCC分析、長寿命化修繕計画を作成する「マネジメントシステム」の提案を行っています。
また、道路、橋梁、トンネルなどのインフラを個別に管理する仕組みに加え、エリア単位で管理することにより、事業の効率化、インフラ維持管理コストの削減ができ、まちの継続的な発展に繋げていくことに取り組んでいます。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。