事業紹介設備

プロジェクトに不可欠な電気・機械・建築設備を提案

機械・電気システム

社会インフラに命を吹き込み、付加価値を高めるセクション
インフラ施設の安全・快適な運用を通じて、社会に貢献します

機電分野では、道路、トンネル、橋梁、鉄道、河川・港湾、ダムなどの土木/建築構造物に付随する様々な機械、電気設備の計画、設計を行っています。近年では、インフラ運営者の防災への意識が高まる傾向にあり、当部では特に火災や津波を対象とした防災計画の立案、設計に力を入れています。また、機械、電気技術を通じて、太陽光発電、風力発電、スマートシティー等の低炭素施設の構築にも貢献しています。

設備の業務内容

機械・電気システム

トンネル防災設備・換気排煙設備(道路・鉄道)、電気・機械設備(駅舎・建築物など)、津波防災システム、水管理・水処理設備、太陽光発電などのECOエネルギーシステム、道路や河川管理情報システム、水門・ダム等の施設長寿命化計画、オリンピック関連施設設計など