事業紹介環境金融施策-融資における「環境リスク調査」

環境金融施策-融資における「環境リスク調査」

融資先のプロジェクトにおける土壌汚染やアスベスト問題等は、金融機関の「担保リスク」や「信用リスク」、「レピュテーションリスク」などを顕在化させ、金融機関の経営に影響を及ぼすおそれがあります。

環境リスク調査は、融資先に対して、「プロジェクトが環境に及ぼす影響を低減させる環境配慮を検討すること」、「その結果を地域住民等に公表すること」を求めるものです。これらの取組を行うことによって、地域住民等に対して安心感を与えることができ、反対運動の発生を回避することができます。

環境金融施策として、平成25年度より環境省による「環境リスク調査融資促進利子補給基金事業」がスタートしました。弊社は、金融機関での環境リスクチェックや企業の環境リスク調査の実施を支援します。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。