事業紹介電力小売事業~地域新電力事業に取組み始めました!

「自治体PPSのスキーム」
「自治体PPSがもたらすメリット」
「さまざまな可能性への展開」
「パシフィックコンサルタンツグループのご支援メニュー」

弊社は電力小売事業に進出するため、平成27年にパシフィックパワー株式会社を設立しました。
パシフィックパワー株式会社は、電力の小売りおよびそれに関連する事業の一切を行いますが、特に地域のエネルギー資源を地域の活性化に役立てることに重きを置いています。

自治体PPSのスキーム

自治体と地元企業や、民間の電力小売事業者が共同出資して、SPC(特定目的会社)等を立ち上げます。
供給は調達可能な電力量に見合った分の公共施設を選ぶ、というスモールスタートが多いようです。
日々の需給調整業務は、出資者である電力小売り事業者が請け負います。

自治体PPSがもたらすメリット

さまざまな可能性への展開
自治体PPSは、単なる電力小売り事業ではなく、スマートシティなど地域全体構想の中で、エネルギーセキュリティの向上や低炭素化社会の実現などに資する様々なエネルギーサービスを担っていきます。
パシフィックコンサルタンツグループの支援メニュー
パシフィックコンサルタンツグループは、60年間培ってきた自治体へのコンサルティング力を地域振興に生かし、地域親電力事業の企画、立上げから事業運営、事業拡大まで、様々な支援メニューをご提供いたします。

総合建設コンサルタントのパイオニアとして国内外で豊富な実績を持つ弊社が、
最新情報に基づき、発注ご担当者さまの疑問、ご質問に広くお答えいたします。