模索のプロセスこそ
ミッションの醍醐味

機械・電気分野

杉浦 亮介
Ryosuke Sugiura


工学部機械工学科
2009年卒

自動車づくりに関わりたいと思い、理系に進学した私は、大学卒業後、自動車部品の設計を手がける会社に就職しました。しかし、入社すると事業の多角化がはじまり、私は研修を受けた後すぐにパシフィックコンサルタンツに出向することになったのです。鉄道関連施設の設備設計を担当することになりましたが、もともと携わりたかったジャンルとは全く異なりますし、そもそも私は建設コンサルタントの存在を知りませんでした。その為、当初はがっかりしたものです(笑)。しかし、実際に従事してみると、とても奥が深い世界で、すぐに夢中になりました。特に惹きつけられたのが、自分のアイディアを提案できる点です。「むしろ、メーカーから指定されたとおりに部品を設計するより、やりがいがあるのでは」と思うようになった私は、転職を決意しました。

設備設計に従事し
建設コンサルタントの
魅力に気づく

こうして私は、出向時と同じ部署で、正社員として勤務することになりました。施設エンジニアリング部では、全国の交通インフラに関わる設備設計を担当していますが、このうち、私が所属する施設プロジェクト室では、地下鉄関連やダム、水門等の設備設計を担っています。この仕事の特徴は、個人の担当範囲がとても広いことです。プロセスでは、基本計画から具体的な設計まで担当しますし、対象とする設備のジャンルも、空調や給排水、融雪などさまざまです。どの現場も唯一無二ですから、その都度、ベストな設備方式や施工法を模索することになります。新しいプロジェクトを担当するたびに勉強の必要性に駆られるため、毎回大変ですが、それだけに醍醐味を感じますし、完成時の達成感も格別です。仕事に自分のアイディアを多く盛り込むことができる点も魅力ですが、社会ニーズの高い交通インフラを支える職務なので、自身の仕事の意義を実感できる点も、モチベーションになっています。他社も知っている身からすると、パシフィックコンサルタンツには、個人を尊重する風土が自然に根付いていると感じます。若手の自分でも遠慮なく意見を出せますし、上司や先輩方も、きちんと耳を傾けてくださるんですね。また、最近気づいたのですが、多忙とされる職種であっても趣味の時間をきちんと確保したりと、時間の使い方が上手くて仕事とプライベートを両立している社員が多いのも特徴だと思います。私も見習いたいですね。

唯一無二の現場で
ベストな方式を
模索し続ける

目下の目標は、地下鉄付帯設備に関する案件なら、すべて単独でこなせるようになることですね。今は、折につけベテラン社員にサポートをしていただいていますが、職場の中核を担っている方々の多くは、今後数年で引退する予定。それまでに一人前にならなければと気を引き締めているところです。また、長期的には国際事業にも携わってみたいと思っています。担当していてつくづく感じるのですが、日本の鉄道技術は本当に高いレベルにあります。開発途上国の支援はもちろんですが、先進国でもニーズを発掘できると思います。そんなチャンスが来たときに対応できるよう、今は英語の勉強にも力を入れています。指定された通りにつくり上げる事よりも、考え抜いてベストな道筋を提案するというプロセスにワクワクするような方には、お勧めの仕事・環境ですよ。

この記事は平成26年に作成されました。

将来の夢は
地下設備の専門家、
国際事業にも挑戦を

この記事は平成26年に作成されました。