地下構造物の
オーソリティになる

交通基盤分野

山本 健太
Kenta Yamamoto


工学院北方圏環境政策工学専攻
2012年修了

高校時代に「スケールの大きなものづくりに携わりたい」と思うようになった私は、工学部に進んで土木について学びました。その後も土木に携わりたいという想いは変わらなかったため、建設会社と建設コンサルタントを視野に入れて就職活動に臨みました。業界研究を進めると、建設会社では現場の施工管理が中心で、そこに土木設計が付帯する形となっているところが多いことが分かりました。私は、事業の企画段階からコミットしながら設計に落とし込んでいくスタイルで仕事を進めていきたいと思っていたため、より希望のイメージに近い建設コンサルタントを重視するようになりました。なかでも、鉄道や橋、トンネルなど、幅広い領域で実績のあるパシフィックコンサルタンツであれば、チャレンジの場も豊富だと感じ、入社を決意しました。

企画段階から
計画に関わりたくて
パシコンを選択

交通基盤事業本部では、道路や橋梁などの道路構造物を対象にしています。このうち、私が所属する都市トンネル室では、道路トンネルや地下歩道など、都市部の地下構造物全般の土木設計を担当しています。実務では、建設予定の地下構造物について、形状や工法、施工順序などを考案するところからはじまり、各条件の解析や分析を通じて使用する鉄筋の太さや本数などを細かく設定していく詳細設計まで、幅広く担当します。入社3年目には、地下部分に高速道路を通す案件に携わり、現場での施工管理も含めて経験することができました。大きな構造物が、自分の考案した段取りに沿って日々形になっていくプロセスを目の当たりにして、大きな手ごたえを感じました。まだ自分が携わった案件が、供用開始となったものはありませんが、今後利用されるようになれば、施設の社会的意義や存在価値を実感できるようになるので、より手ごたえを感じられるようになるだろうと期待しています。職務に就いてみて感じたのが、会社を代表してクライアントの窓口になるなど、若手にも責任の重い役どころがまわってくることです。しかし、単に押し付けるのではなく、悩ましい点や分からない点があれば、上司や先輩が温かくフォローしてくれます。ハードではありますが、その分吸収できる事象が多く、早い成長に繋がっている気がします。本人の積極性を汲んで、手を挙げた仕事の多くを任せてもらえる点も含め、パシフィックコンサルタンツを選んでよかったと思いますね。

大きな構造物が
自分の考えで
形になっていく

今まで、地上から掘削していく開削工事の段取りを考えたり、平常時の構造強度を考える常時設計に携わったりしてきましたが、今後は、より経験の幅を広げていきたいですね。例えば、用地に余裕のない都市部では、地上面への影響を極力抑えて、地下を掘り進めるシールド工事が適している現場も多くありますし、設計時には、地震などに備えた耐震設計も必要となります。こうした未経験分野にチャレンジしながら、地下構造物のオーソリティを目指していきたいです。また、コンサルタントというのは、単に求められた計算や解析をこなせばいいのではなく、クライアントを含め、関係者全員を納得させるような説明責任も負っています。技術的な部分を、誰にでもわかりやすく説明できるようなコミュニケーション力も養って、頼られる人間になりたいと思います。

この記事は平成26年に作成されました。

コンサルに必要な
技術力・専門知識・
明快な説明力

この記事は平成26年に作成されました。