企業情報経営計画

企業像
企業像

パシフィックコンサルタンツ株式会社は、 不確実性に満ちた不連続な激動の時代にあって、概ね10年先の社会・経済環境を見据え、「未来に向けた企業経営の方向性と企業展開の意志」を示す長期経営計画として「長期計画2020」を策定しました。
グループ企業群の主軸として、関連会社を主導し新しい企業価値の創造を目指します。

長期(2020)企業像

長期(2020)企業像

「4つの貢献」と「6つの展開」を促進し、社会ニーズ・社会構造の多様な変化に応える頭脳集団として、国内社会・国際社会の豊かな発展に貢献します。

長期(2020)企業像
展開の方向

展開の方向

誇り・信頼・挑戦に満ちた優れた人材を擁し、未来の期待に応える先取の気風のもと、展開力に秀でた機能的かつ柔軟な組織を確立し、社会環境の変化を捉えた先進的な事業展開により長期企業像の実現を目指します。

展開の方向
先進的な事業展開

先進的な事業展開

基幹技術分野の高い技術力と競争優位性をもとに、10年後の世界を見据えて社会ニーズ・社会構造の変化に応じた新たな領域に多様な展開を図り、グループ全体の事業規模と事業領域を総合的に拡大します。

先進的な事業展開
規模と領域の拡大

規模と領域の拡大

現在技術の拡大展開と未来ビジョンの実現展開を一体的に促進し、2020年には基幹技術分野と新たな領域が同等規模を占める総額500億円、従業員2500人のグループ企業群を目指します。

特に、環境・エネルギー分野(50億円規模)、公共サービス民営化分野(40億円規模)、医療・福祉・介護分野(25億円規模)、行政事業執行マネジメント分野(20億円規模)、リスク・危機管理分野(15億円規模)、観光等地域価値創造分野(12億円規模)、国際社会分野(50億円規模)を重点分野とし、3年ごとの中期経営方針を踏まえて戦略的な展開を図ります。

規模と領域の拡大